『Theこども理解』長瀬拓也編

こども理解を深めるための視点を得るために手を伸ばした一冊。複数の教育関係者での共著ということもあり、様々な視点からこども理解について書かれている。

 

読み進めていくと石川晋さんの記述もあった。石川さんの執筆部分を読むと「僕は子どもは理解できないものだと思っている。そもそも誰かが誰かを理解するということは基本的には無理なのだと考えている。」という本著の趣旨を揺るがすような提案が!

しかしその後の記述には「この当たり前を前提として、それでも相手のことをどこまで知る事ができるだらうかと考え続ける事が子ども理解という営みそのものなのだ」と書かれていてハッとした。わからないからこそ少しでも理解するために相手をわかろうとする。この繰り返しで少しでも多く相手を理解できるようにしていくのが子ども理解の目指す方向性なのだと思う。

 

では子ども理解をいかに進めていくか。そのためにできそうなアイデアがいくつか記載されていたので取り上げたい。

 

まず、向山氏が提唱していた「毎日一人ひとりの言動を思い返す」ことである。一人ひとりの言動を思い出せるということは子どもを見ている証である。まずはここが一歩目である。

次に、子どもが帰った後の教室で一人ひとりの座席を見ながら今日一人ひとりに合った出来事を思い出し、書き出すというものである。現状の学校において時間的制約がかなりあるものの、有効な手立てだと感じる。

さらに、子ども理解に関する技術を学ぶことである。「医師が医師として相手を理解するとは、秋の仕事の専門性において理解することなのである。」「教師が子どもを理解しようとするのも、教師の仕事の専門性において理解するのである。だから、理解できる技術を習得するまでには当然時間がかかる。ところが「子どもを理解しよう」という意欲さえあれば、それですぐ理解できると思っている方がほとんどなのである。」という一文にはハッとさせられた。理解しようとする心持ちは素晴らしいがその営みは技術である。技術を習得するためな子ども理解に関する理論や実践から学ぶほかない。今後するべきは子ども理解にかかる時間を増やすことと子ども理解に関する知識や技術を学ぶことだという事が見えてきた。

『みんなで取り組む『学び合い』入門 スムーズな導入ステップ』西川純

『学び合い』6冊目。

本著は学び合いの導入に向けて障害となりうるものをいかに取り除くかな焦点を当てた実践本。

 

子どものために『学び合い』を推し進めているはずなのに障害となるのは保護者や同僚、校長といった大人ばかりなのはどういったものだろうか。

 

反発を受けずにいかに強かに子どものためになる教育を進めるかを考えさせる一冊。

なお本著で書かれていることは『学び合い』に限らず、新しい取り組みや既存の枠組みから外れたことをやろうとするときには有効だと感じる。

『簡単で確実に伸びる学力向上テクニック入門 会話形式でわかる『学び合い』テクニック』西川純

『学び合い』関係の本だと5冊目。

 

学力について問いただしている一冊。学力を本気で上げるための策の一つとして『学び合い』を提唱している。

本著での学力の捉え方は一つのツールなのだと思う。教育の目的である「人格の完成」に向けてツールとして学力が存在する。学力を獲得する過程で人格が完成して行くという捉え方なのかなぁ。

 

では学力とは何か。これは国際調査に基づき述べられている。「話が面白くて人のために泣いたら喜んだらできて、誰かと一緒に成功することができる人」(確かこんな感じ)が賢い人だと西川氏は述べている。これは大人を対象にした調査の結果による一つの解答である。これこそが学力が身についた状態なのであるから子どもにもこの力を身につけようというのが西川氏の学力観。

 

うーん、あんまりしっくりこない。これよりも奈須先生の教科特有の見方・考え方を提唱している学力観の方がしっくりくる。教科特有のレンズで事象を観れるようになるのが僕のしっくりくる学力観。

社会科だったら経済や政治、文化や時代背景、気候や地形など様々な側面から考えるだけでなく、国政や市民、国際といった視点から世の中を分析し、既存の改善策に自分なりの私見を加えた改善案を提案できる力をつけることが社会科の学力をつけるということなんだと思う。

 

ただ西川氏のいう子どもの4分類はしっくりくる。授業内容を①事前に分かっている生徒②説明されるよりも自分で参考書とかを使った方が学びやすい生徒③教わった方が理解できる生徒④教師に教わっても理解できない生徒の4分類に分けられる。この分類が学術的に証明されている以上、従来の一斉講義には限界がある。そこで提唱されているのが『学び合い』なのだ。

 

学力観を見つめ直せたことと4分類で生徒理解をしてみることがまず一歩目かなぁ。自分が育てたい学力観を育成できる授業をするためにこの4分類を頭に留めておくことは超重要!収穫があった一冊だった。

『クラスと学校が幸せになる『学び合い』入門 会話形式でわかる『学び合い』テクニック』西川純

何冊目か忘れたけど久しぶりのアウトプット。

 『学び合い』の本はこれで4冊目。今回強く考えさせられたのは『学び合い』はやり方ではなく考え方を変えた授業方法であるという点。強化学習が目的ではなく、集団づくりや援助希求を去る力を育てることが目的にある。

また、子どもの有能を信じることがベースにある。その反面、教師の全能性を否定している授業形式なのだと感じる。1人の教師がすべての子どもに教えることができるという前提を崩し、1人の子どもに最適な先生が必要であることを西川氏は伝えているように感じた。ここが一番のパラダイムシフトだった。より子どもが学ぶことができるから『学び合い』をするのではなく、『学び合い』でなければならない理由がるから『学び合い』なのだと感じた。

 

また、西川氏は非常に戦略的な『学び合い』の進め方を提案している。イベント的な週1からの『学び合い』から始め、全員が達成できるレベルの課題設定、その目安は最初の15分で1人目の生徒が達成できるレベル、さらにその指針は教師が7〜8分で解けるレベルというように誰もが再現できる基準を示しているため実行に移しやすい。

また、『学び合い』を進める上で生じるリスクにも触れている。特に保護者や同僚との軋轢に関しては多くの項数を費やして解説している。

 

新しい取り組みをする際に始めることを念頭にスタートを切ることが多かったが、ここまで戦略的に進めることが求められることに気づいた。

『プロジェクト学習で始めるアクティブラーニング入門』稲葉竹俊

久々の投稿。本は読んでいたもののアウトプットをサボっていました。

 

感じたことを簡単にメモ。

 

プロジェクト学習ではプロジェクトを完遂するために情報を得る技術や知識が必要になる。プロジェクトに最適な知識・技能の習得が行われる。

 

通常の授業は知識・技能を身につけてから、それらを活用して問題解決するための学習が行われる。

 

後者が当たり前だと思っていたけど、なんかモヤモヤ。世の中では前者が普通では?何か問題解決する必要があるから知識や技能を身につけなければならない。

もちろん学習する過程で問題解決の幅が広がることもあるのだろうけど。

 

やっぱり自分がやりたい授業ってプロジェクト学習のような目的を果たすために学習する授業なのかもなぁ。

真正な学びについてもっと学びたいなぁ。

「学び合う教室 金森学級と日本の世界教育遺産」

20冊目。前に金森学級の実践を動画で見たことがあったから手に取った一冊。

うーん、大学時代までの自分だったら「こんな先生になりたい!」と目を輝かしてた気がするなぁ。教師の力で子どもを引っ張る感じ。世間一般でいう理想的な教師って感じがする。

 

いかだ流しの場面での「今日は子どもたちに負けました」的な言葉からも強くそれを感じる。教師がつくる空間、そして子どもが教師という壁を乗り越えた時に感動が生まれる的な?

 

今僕がつくりたいのは子どもの色が混ざり合ってその子どもたちじゃないとつくることができない空間、つくることができない時間をつくること。どこに向かうかもどこまで向かうかもその子次第、最終的にプラスの到達点にたどり着けるような支援をする教育。

 

自分の教育観が変わってきていることを感じることができた一冊だった。

「ようこそ,一人ひとりをいかす教室へ」

19冊目。ずっと読みたかった一冊。この本を読みきるのに手こずりすぎて今月は全然読書がはかどらなかった。だけどそこまで時間をかけても読んで良かったと思える一冊。

 

ただ時間をかけて読みすぎたから最初と最後での繋がりが弱くなってる。頃合いを見て再読しよう。